医業開業 3.開業地選定・立地調査・不動産契約

開業後、簡単に移転することはできないのが「開業地」であり、クリニック開業の成否85%を占めるといわれるほど、成功の鍵を握っています。

image

データだけでは把握できない、地域性をはじめ、人の動線、競合施設などのリアルな情報なども収集し、専門家でなければ気がつかない観点から総合的な判断をいたします

開業地の選定の是非によって、今後のクリニック経営が左右されることは言うまでもありません。
ドクターが今まで行ってきた医療、そして開業後に行いたい医療をヒアリングし、それに適したドクターの開業希望エリアにて、当社独自ノウハウに従って選定し、開業物件としての将来性も判断します。


現地に脚を運ぶことをモットーに、大切な情報源である地元の不動産業者との情報交換をすることで、まだ世に出回っていない物件情報をいち早く入手することも可能ですので、ドクターの開業希望エリア周辺で新規物件を開拓することに力を入れ、最適な物件を探索し、ご紹介いたします。

image

開業地に妥協しません。契約締結の条件交渉までお任せ下さい

また、診療圏調査済みの開業向け物件もご案内しております。ドクターの開業に向けた方針と開業向け物件の「マッチング度」を、経験豊富なコンサルタントが十分精査し、最適な物件をご案内することも可能です。


より良いマーケット市場である開業最適地を見つけるのは簡単ではないのが現状です。
「開業地に妥協はしません」これは当社が最も力を入れている業務です。
当社は、「成功の鍵」を握る開業地は徹底的に調査をし、「地元ならではの情報網」を駆使し、決して、妥協することなく、ドクターがご納得が行く物件が見つかるまでご紹介いたします。


その後の売買・賃貸借契約を締結するにあたっても、売主・貸主との条件交渉まで行いますのでご安心下さい。

開業地の選定SELECTION

場所の選定に関しては、まず開業を希望するエリアから数多くの情報を収集することから始まります。次に、それらの物件情報の中から、開業のイメージに適合した物件を選定して、現地を確認します。

実際に現地を歩いて見て回ることで、街の雰囲気や人の流れ、薬局の位置や競合施設との位置関係などを具体的に把握することが出来ます。また、現地の不動産業者を訪問し、聞かなくては入手できない情報なども得ることが出来ますので、想定するエリアを全て足で回り、現場を確認して吟味しながら開業の場所探しを行います。
 また、開業選定地がどのような用途地域にあるのかによって事前手続きもかわってきます。
用途地域によっては診療所単独では建築できなかったり、農地であれば農地転用の手続きが必要であったりします。物件の場所によっていろいろと細かい制約がありますが、これらの細かいことについてのアドバイスもいたします。

  • 開業地の条件調整

    開業地下見現地案内

    ドクター自らも実際の現地へ足を運び、ご自分の目で確認することも大切です。当社コンサルタントとともに開業地で分析・調査結果を確認することにより、よりイメージがつきやすくなります。

  • 開業地の条件調整

    開業地の条件調整

    開業支援ノウハウを活かし、売買価格もしくは賃料は適正かどうかの判断を行い、条件交渉等を行います。

  • 不動産契約

    不動産契約

    不動産売買(又は賃貸借)契約書は事前に当社で内容を精査し、ドクターの負担を可能な限り軽減させた契約書を交渉により可能にします。